九州大学
先導的人材育成フェローシップ
量子分野

文部科学省科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業により、
九州大学先導的人材育成フェローシップ事業が創設されました。
九州大学大学院理学府においては、量子分野のフェローシップ事業を創設し、
基礎研究からイノベーション創出まで量子分野の未来を切り開く
博士後期課程の学生を重点的に支援します。

news新着情報

  • ALL
  • お知らせ
  • イベント・セミナー
  • 研究成果

”理学と量子科学の未来を開拓”

九州大学大学院理学府

九州大学先導的人材育成フェローシップ量子分野

理学は、人類の自然に対する純粋で飽くなき知的好奇心を原動力に、自然界にひそむ普遍的真理を探究し自然哲学の基盤を構築することを目的とします。この好奇心を原動力とする基礎研究が、人類の文明を予想もしなかったような形で豊かにしてきました。
九州大学理学部/理学府/理学研究院では、既存の概念にとらわれない自由な発想、自由な思惟・思考、独創的な実験的ならびに理論的方法論で、次世代の先端的理学研究を担う卓越した若手研究者、および自然科学の関係する諸分野で社会に貢献する専門家を育成します。本フェローシップ事業は、その一端となるよう取り組みます。